図やイラストを賢く使う

ライバルに差を付けよう

どこの業界でも、ライバルになる企業が存在します。
その企業に、自分の会社が負けていないことを説明してください。
そこで商品やサービスを経営方針説明書に記入し、差別化を心がけているとアピールしましょう。
工夫していることがたくさんあれば金融機関も感心して、こちらの会社が優秀だと思ってくれるはずです。

今の時代であれば、SNSで宣伝していることがアピールポイントになります。
ですがそれだけではまだインパクトが足りませんし、他の企業でもしていると思います。
そのためフォロワーにだけクーポンを配布していたり、定期的にお得なキャンペーンを行ったりしましょう。
この機会に独自戦略を増やして、会社のアピールポイントをたくさん作るのがおすすめです。

工夫して作成しよう

どうしても文章だけで自分のプロフィールや会社のことを説明すると、長文になってしまいます。
内容が読みにくく伝わらないことに悩んでいるなら、図やイラストを使ってください。
グラフや商品のイメージイラストがあれば、見ただけで大体を理解できます。
自分でイラストを描くのが苦手な人は、写真を使ってください。

グラフを書く時は線が曲がらないように定規を使い、見栄えを良くしましょう。
ただ図やイラスト、写真は大きくなりすぎないように気を付けてください。
あまりにも大きいと邪魔ですし、文字を書けるスペースが狭くなってしまいます。
適度な大きさになるよう、見た目のバランスも考えてどこに図やイラスト、写真を貼るのか決めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る